🔷 Pleiades Blue Ray

ピラミッドが2つ合わさった正八面体
オクタヒドロンの5次元立体を稼働させると
Pleiades light body が起動します。

 

🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊🌊

何事に於いてもですが、

全てを「恩恵」として捉える階層に
意識を置き続けるヒトが
どれだけ地上に存在しているのか

それがフォトンパンデミックの鍵となります🔑

例えコロナVirusであっても
例え5Gであっても
例え水面下の支配であっても

わたし達はクリエイターとして
自らの世界を調和に保つ責任があります。

わたしがわたしの世界の調和を保てば
世界は
心地よい世界で在り続けます。

これまで人類は
起きた出来事を
「起きてしまった」
「取り返しのつかないことを起こしてしまった」と
出来事を含む自らを JUDGE することによって
前に進もうとしてきました。

不安を消すために
世界の不安と戦ってきました。

それでも
対象を
「戦うべき敵」と見做したり、
「終わらせるべきもの」と見做したり、
「害を為すもの」と見做している時点で、
人は不安を生み出す想念場から
自由になることは出来ないのです。

自分達にとって
都合がいいから、悪いから、によって
起きていることをコントロールしようとすることは
宇宙的調和とは階層を異にします。

そもそもの認識の前提グリッドが
否定的な概念を足場に
逆転魔法を発動しようとしても、
どちらもがぶつかり
フリーズします。

プラシーボ効果で自分の気が済むのならそれも幸い。
既に安全確認した上で
平和の内にあるということを追認できます。

言わんとしていることは

「起きている現実こそが全て」

それは妄想の中で
幸せとすり替えることとは違います。

だからこそ

表層的な撒餌として与えられた情報に立地せず

様々な角度からの視点を同軸に持ち

立体情報場の全体像を

捉えたからこそ点灯する

調和の灯火を

今こそ掲げる時だということです。

Voyager wand 2【 自灯明 】

基本姿勢は25年前から変わらず

1.聞いたからとて信じることなかれ
2.語り継がれたこととて信じることなかれ
3.人々が噂をしていたからとて信じることなかれ
4.教本に引用されていたとて信じることなかれ
5.論理だけで信じることなかれ
6.推論だけで信じることなかれ
7.様相だけで信じることなかれ
8.自分の見方に一致するからとて信じることなかれ
9.説者が堪能とて信じることなかれ
10.師なりとて信じることなかれ
「 まず自らを依りどころとせよ 」

Come and Join us !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA