2012/2/22 マヤンスピリット再生

足下に両の足を結ぶようにインフィニティの蛇・・・

2008年12月25日 | MAYAN

「その者を目覚めさせてはならぬ」 とその蛇は言った。
その者の両の足を8の字で抑え
共に長い間その足下に闇のエネルギーを封印せしその黒蛇。

これまではそのように在ることで保たれてきた均衡。
それさえもここで解放し 新たなるエネルギーに変容させる時。
既に封印すべきものはなく、
それらを再び光に晒し 光に還るものは返し、
新たな推進エネルギーとなるものはそこへ。

それを自ら封印せし扉の内に飛び込み光に晒してくれたのは白蛇。
黒蛇は黄金の蛇へと変容を果たし
白蛇と共に 多次元へ繋がる螺旋を描きだす。

われ、始動せり。

虹色の光放つ鱗を煌めかせながら
白銀の龍がセノーテの泉に頭からダイブ
女神ガイアのスタークリスタルを抱きしめた白銀の龍は
その宝玉の中に飛び込み胎児となる

そして白銀のまばゆい光のスパークと共に全方向に
光の矢となって放たれたのはおびただしい虹色の龍
今この地球に転生しているマヤンスピリット達に真っ直ぐに伸びてゆく光の矢

セノーテの泉の洗礼を受けたマヤの司祭であるスピリット達が
チェチェンイッツァのククルカンの神殿を囲んで座り
体を揺らしながら聖句を唱えている
それは然るべき日まで続くらしい・・・

フナブ・ク【 HUNAB K’U 】
フユブカーン【 HUYUBCAAN 】
テペウ【 TEPEU 】
ググマッツ【 GUGUMATZ 】

ウシュマルの神殿にて
フナブク、そして五つの部族長のスピリット立会いの下
マヤの神官の契約を解除

わたしは肉体を持って地球に転生する限り
意識体として常にマヤの地に留まり
マヤが保つ宇宙の叡智を保持する
肉体のDNAを持つスピリット達を護り続けなければならない
肉体を脱いだのちも
集合レベルでの覚醒の時まで
霊体としてマヤの地に留まり続けます

という魂の契約をマヤ神官集合意識・集合無意識からロック解除

クツミから預かった黄金の鍵はこれだったのか

「 時至れり
  マヤのスピリット達、目覚めなさい
  時が来ました
  今こそ立ち上がり
  虹の光と共に
  いざゆかん 」

Come and Join us !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA