イースター@144,000人の祈り🥚

今日は2020年のイースター🥚=復活祭🌈🌈🌈💫

水瓶座元年である今年のイースターの象徴は、
宇宙卵🥚宇宙樹ユグドラシルの再生です⭐️


今回、この日を迎える前に実体で結ぶ必要があった重要な地表座標は、先月の3月20日に訪れた
マヤのウシュマル神殿🛕

ここは然るべき神社や神殿などの特定の磁気センターには巡る順序があるように、本来はチェチェンイッツァ神殿🛕のククルカンの降臨🐉を経てからウシュマル神殿にアクセスすることが大切な場所です。

ここでは25年前に
『 人類の本当の力を目覚めさせる儀式 』
が520年ぶりに集った参加者全員で執り行われ、
人類にとって非常に重要な
『太陽の儀式』が執り行われた場所でもあります。


そしてここはエジプトの女神イシスハトホル集合体によって継承されてきたニルヴァーナタントラと性アルケミー秘儀が伝授されてきた場所でもあります。

このウシュマル神殿は「魔法使いのピラミッド」という別名を持っています。

【 魔法使いの老婆が暖めた卵から生まれてきた小人が、超自然的な力で一夜のうちに造ったというマヤの伝説から、「小人のピラミッド」とも言われている。】Wikipedia抜粋

スターシード講座で共有して下さる皆さんは、カード大3番のMother Goose の背景にある宇宙卵とシンクロしていることを思い出して頂けたらと思います。



わたしとしては、今回25年越しのメインワークをここに照準を定め、然るべきサポートを要請していました。
その答え合わせ的に、小人達8人が共に日本に来てくれたことを、今回のマヤ旅でご一緒したカナちゃんアヤちゃんが言語化してくれ共有しながら、今日までずっとその働きぶりに目を瞠ってきました

情報として8という数字がきたということは、無限大であり、日本的には八百万=沢山、という象徴。

無数のミニドラ達のように、その小人達が大忙しで日本中にあるピラミッド📡の角度や精度を全力で微調整してくれる中、
その一つの到達ポイントが、今日というイースター🥚復活祭の12時と20時の時間座標🕛🕗に向かっています💫

 

そしてこのウシュマル神殿の入口で迎えてくれたのは「生命の樹」という説明を受けた木、セイバ。
これに丁度実がなっていましたが、わたし的にはウシュマル神殿の果たしてきた役割的に、ユグドラシル🥚としての様々な符号がありました。

そしてこの世界が卵から生まれたという卵生神話は幾つもありますが、オルペウス文献に
【クロノスは多頭で翼がある両性具有の蛇であり、ヘラクレスとも呼ばれる。 このヘラクレスは巨大な卵を生み出し、その生み手の力で完全に満たされたとき、対立が起こり、二つに割れた。そしてこの上の部分はウラノス(天空)となり、下半分はゲー(大地)となった。】という件があります。

これはマヤにおけるククルカン=ケツァルコルトルと共振し、不死鳥伝説とも重なります。

数えきれない程の様々な符号を重ねて迎えた、
今日という『復活祭』⭐️

12時と20時の時間座標🕛🕗から8分間🌈🌈🌈💫

祈りをご一緒下さる皆さんと
ここに意識を向けていたいと思います💞

すべての縁起に感謝を。

Come and Join us !

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA