LIFE IS BEAUTIFUL * HARMONIOUS DIVERSITY

人生はかくも美しい * 多様性なればこその調和

水瓶座の羅針盤

Kuronos Esoteric Management Labo

The way I am


γνῶθι σεαυτόν

Aquarius
Emerald Tablet Disclosure


 枝葉ではなく、

 常にその本流に意識を向け続けること。
 わかりたいようにわかった時点で
 進化の歩みは
 そこに留まることを忘れずにいること。

 常に余白を残しておくこと。
 人類が覚醒するという幻想の外に居続けること。
 日常の中に起き続けている覚醒に
 感動し続けていること。
 与えられた情報を意識の足場にしないこと。
 体験の中にこそある賢者の石、
 それをこそ唯一の糧とすること。

 ニンゲンという存在の連なりに続く
 その少し先にある座標点に意識を。


クロノStyle
エメラルドタブレット・ディスクロージャー

Kurono Style Emerald Tablet Disclosure

One Day
Or
Day One
You Deside.

JOIN US
Esoteric Management
JOYFULL
LIFE IS BEAUTIFUL * HARMONIOUS DIVERSITY
Previous
Next

You cannot teach a man anything, You can only help him to find it within himself. [Galileo Galilei]

世界に、あなたという
一滴のエッセンスを


元年となった2020年。

いよいよ、1995年の世界長老会議から照準を合わせてきた
本当の意味での
水瓶座時代の幕開けです。

 

 他者のエゴに寄り沿うでなく

自らの真なるに寄り添う

 

魂の声に従って行動することが、
自らだけでなく、
すべてへの貢献となる

風の時代の幕開けです。

 わたし達一人一人が
世界を創造する叡智の一滴のエッセンス。

その一滴のエッセンスが、
新しい豊かな未来を創ります。


クロノStyle
エソテリックマネジメント
の世界へようこそ

 

「集合的メンタルマネジメント」
という社会貢献をご一緒に。

CHEQUETET ARERICH VOMALITES

クロノStyleの根幹

1.聞いたからとて信じることなかれ
2.語り継がれたこととて信じることなかれ
3.人々が噂をしていたからとて信じることなかれ
4.教本に引用されていたとて信じることなかれ
5.論理だけで信じることなかれ
6.推論だけで信じることなかれ
7.様相だけで信じることなかれ
8.自分の見方に一致するからとて信じることなかれ
9.説者が堪能とて信じることなかれ
10.師なりとて信じることなかれ

「 常に自らの実証に立地せよ 」

クロノStyle 7つの入口

Kurono Style Seven Gates

       

中国茶マイスター

中国茶のスペシャリストとして、企業(人材育成・福利厚生)・各種学校(幼・小・中・高)ケアハウスなどの中国茶会でご一緒させて頂きます。

クロノStyle Adept LIVE

Human Potential Adept Labo ∞ サロン・ド・クロノで、講座や個人セッションであなたをお待ちしています。二度とない機会をご一緒しましょう。

和ノ道プロジェクト

日本神道の神職として、敬意と賞賛と感謝をご一緒させて頂きます。遍くすべてへと。天の恵み、地の恵み、人の恵みへの「意宣り」をご一緒に。



VOYAGER THEOSOPHIA

ボイジャー神智学

JAMES博士公認 国際認定講座
✽水瓶座の羅針盤インストール
⁂戦車の両輪の一つ<顕在意識Approach>

 次回 ET研究科
9月15日(火)13時~



METATRON KABBALA GRID

メタトロンカバラSystem

FORBIDDEN FRUIT
✽ わたし達自身が生命の樹そのもの
⁂戦車のBODY<法則体験Approach>



STAR SEED ANTROPOSOPHIA

スターシード人智学

わたし達は宇宙に蒔かれた種
✽ここで発芽し花を咲かせ実を結ぶ
⁂戦車の両輪の一つ<潜在意識Approach>



量子波動器GUIDE

ノアPROJECT

TimeWaver、healy、メタトロン、他ラジオニクスデバイスの入力に必要な必要最適解Approach
✽量子Bodyメンテナンス

和ノ道プロジェクト 3つの入口

UTAKATA & TAWAMURE

ご依頼者様の大切な場所に出向き、 縁ある土地と共調し、未来の種を蒔く 『 清祓の儀 』 を執り行わせていただきます。[ 個人様宅・自宅サロン・会社オフィス・鎮魂]

半期に一度、生きとし生けるものすべて、目に見えるもの見えないものすべてに、神恩感謝の意宣りを、ご一緒にお届けさせて頂きます。

冬至 清祓ノ儀
12/21🌕(仮)参加者受付中

 

神社おそうじ隊、見参!

『 自らをお掃除させて頂く』ことを主体とし、結果関わる全てが滞りなく円環を描くもの。神職二名が同行し、その地に鎮まる全ての存在と「意宣り」を共にさせて頂きます。

Atlanticギリシャ
∞ 出雲・大山 
9月秋分点

インタビュー動画4⃣

4INTERVIEW

Kurono Resonance

∞ Photon Pandemic

ここは Kuronos Esoteric Management Labo

はじめまして。 クロノStyle エソテリックマネジャー:クロノアユミ です。
 エソテリックとは、世代を超えて人々に継承されてきた普遍の叡智のこと。  
 日本にとって、日本に在住する人々にとって、大きな意識転換点となった、1995年1月17日阪神淡路大震災。
 実はその年は、これからの地球にとって大変重要な情報を、古代から現代まで保持する役割を担ってきたマヤ最高評議会に於ける地球暦が示す、大変重要なポイント=520年ぶりに開示された『 闇の時代を終える年 』でした。

この年はまさに、世紀末と水瓶座の時代に向かってゆく先駆けとなる年でした。
 その春分の日に、わたしは数奇な「運命」に導かれ、520年前からマヤに預言されていた、マヤの長老フンバツ・メンと世界中の長老・マスター達による『世界会議』と『闇の時代を終える太陽の儀式:マヤンソーラーイニシエーション』に出席しました。

1995年の春分の日、セノーテの泉で洗礼を受けた後、チェチェンイッツァのピラミッドを囲んでのククルカンの降臨を経たあと、マヤの長老達から『ツイン紫水晶』を、日本人でただ一人託され、かつ圧倒的で抗いようのない「体験」を持ったことにより、そこから2020年までの25年という時間を、その探求と実証を愚直に重ね、それらを必要な方々に伝え続けてきました。

クロノStyle共振の基幹となるのが、Sessionや講座、和ノ道プロジェクト、ワークショップ、外部講師活動などを介した時空間共有と面授。

魂のジャーニー運航の安心安全な ‟ 戦車の枠組 ” としての 『 メタトロンカバラSystem 』
それを運ぶ ‟ 戦車の両輪 ”となるのが 『 ボイジャー神智学 』『 スターシード人智学 』
そして個人Session 』という名のエソテリック イニシエート。

これらすべて機会が【 水瓶座版エメラルドタブレット ディスクロージャー】の中核をなしています。

クロノアユミが余すところなく、あなたの思考からではなく、魂からの積年の疑問にお応えします。
そして機会の許す限り精一杯、誠意を持ってお伝え続けます。

触れてしまったら、これまで会ったことのないご自分との再会が待っています。

ここは賢者の杖(モーゼの剣)を内包する方々の認識を深め、常に自らが天と地と連携し、
宇宙スケールの共同創造に携わっていることの自覚を持ち、古の錬金術を再生する、宇宙の黄金律を体現する方々のための安心安全のスペースです。

「宇宙の詔<ミコトノリ>」とは、シンプルでわかりやすく普遍的なもの。

イニシエの叡智を再生することは、自らの神性と連動し、外宇宙と地球の架け橋として生きることの援けとなります。
サロン・ド・クロノにおいでいただく皆さんに、私という触媒を通して必要なすべてが齎されます。
あなたにとって、このスペースにいらっしゃる機会は今ここかもしれません。

あなたがどんなに自分のことを否定的に捉えていたとしても、それはあなたの本質に全く影響していません。あなたが神聖で特別な存在であるということ、そこには一点の曇りもないからです。あなたは最初からずっと今日までも輝き続けています。

貴方の存在意義と自己価値を確認したくなったときにおいでください。
貴方という存在が、どれほどの輝きを持って全宇宙に聖なるパルスを放っているか、その全てをお伝えさせて頂きます。

「特別なことをする」でもなく
「世の中で成功する」でもなく
「 今までと違う自分にならなければいけない 」
でもなく
「 人より抜きん出なければならない 」
でもなく、
ただただ
「自分という存在が、
何かのために努力しなくとも、
誰かのためでなくとも、
崇高な目的のためでなくとも、
すでに全てと連動し、
生き生かされていること自体が
すでに大いなる恩寵をすべてに齎し
奇跡を起こし続けているのだ」
ということ、
それを認識することを自らどれほど難しくしていることでしょう。

宇宙の法則はいたってシンプル。

それをあえて煩雑にし、自らに圧力をかけて頑張ろうとするのが人間なのかもしれません。

すべてが奇跡、すべてが恩恵、
それを波動で共振共有する場がここサロン ド クロノです。

どれもが真実、全てが必然・・・

まずはすでにかけられている魔法を解くことから始めましょう!

 As Above So Below All That I Do, You Can Do

わたしたちは自覚なくとも、太陽系惑星、太陽系外惑星、シリウス、プレアデス、ほか、さまざまな惑星間システムのエネルギーサポートを受けています。そして、地球でいうところの言語ではなく、電気的宇宙言語により多次元的に情報を交流させています。今回地球に実体を持って生まれたわたし達の大いなる意志は、マインドや思考の力を駆りながら、何万年も前から地球にアンカリングされてきた、地層のように堆積された人類(I am)の及ぼした磁場をボイド化し、地球自身の次元上昇をサポートしつつ、同時にDNAにアンカリングしてきた外宇宙からの干渉エネルギーをボイド化する、という共通の目的を果たそうと連動しつつ、無意識下で共同創造しながら動いています。そして今回転生した現場担当のわたし達が集い、認識を共有することで、さまざまな領域での「解き」が起きます。 それこそが 『 魔法 』 の源泉となっているのですが、その体感や認識の深さは人それぞれです。ただ、それさえも自分が「わかった」と思っている領域は遥かに超えています。そんな中、その多重複合構造の意識の磁場を保持する人間同士が認識する次元情報を共有し、ベクトルを共有することにより、さらなる「解き」=パラダイムシフトが起きます。その 『 鍵 』 である“ 暗証コード ”を、このタイミングで受け取ると決めてきた皆さんに、それぞれ最善のタイミングでダウンロードしていただく場所がサロン・ド・クロノです。「何かが出来ているわけでもない“自分”にそれができるのだろうか?」「受け取る資格があるのだろうか?」「専門的な知識も理解もない自分にできるのだろうか?」などというマインドの声を聞く必要はありません。なぜなら、それは 『 癒し 』 のシステムと同じくそれは 「 起こす」 ものでなく、「 起きる」 ものであるからです。

アーサー王の伝説をご存知ですか?ヘナチョコアーサーが伝説の剣=エクスカリバーを抜き、グレートブリテンの聖王となる、まさにヒーローズジャーニーそのものの物語。そしてわたしが2011年のイギリスで体感したアーサー王はとても理知的で論理的でクール。そしてある意味イエスのように自分の宿命をすべて自覚した上で、中世のイギリスという土地に肉体を持って転生した訪問者としての自分の役割を任じ、宇宙の叡智を地球にアンカリングし、風評は流れるに任せながらも魂は真実の愛に生きた人間でもあったことを伝えてくれた崇高なるスピリットでした。そのアーサーを支えた魔法使いマーリンもこのサロン・ド・クロノの強力サポーター。あなたも魂の真実に生きたアーサーのように、この人生でやると決めた道に一歩踏み出しましょう!

 【OSHO引用】もしあなたが、どのような状況からも最大限の恩恵を達成したいと望むなら、トータルにかかわらなければなりません。それがあなたに鍵を与えてくれるでしょう。ボーディダルマはインドで光明を得た。そしてひとりの弟子を探したが、そのひとりを見つけることができなかった。それゆえに彼は中国に行かなければならなかった……。彼は鍵をもっていた。そして彼は老年にさしかかっていたが、しかも彼は正しい後継者を見つけることができなかった……。彼は九年の間、洞窟のなかで待った。ただ待った……壁を見つめながら。彼は大きな磁力を創りだしていた。この伝統をこれから先へ伝えることのできるひとりの者を呼び寄せようとしていた。彼はこう言っていた。「その者が来たら、そのときにのみ私はその者と顔を合わせよう。さもなければ私は壁に顔を向けつづける」そしてある日、まさにその人が来た。彼はボーディダルマの後ろに立った……。やって来たこの男はなにも言わなかった。彼はただ待った。忍耐強く待った……そしてふたつの沈黙が出会った。そして次の日、朝早く、この新参者は自分の片手を切り落とし、それをボーディダルマに贈って言った。「私の方を向いてください。さもなければ私は次に自分の頭を切り落とします!」ボーディダルマはすぐに向きを変えた。向きを変えなければならなかった。九年の間、彼は誰をも見なかったのだ。彼は言った。「そうか、お前は来たんだな!」……弟子だけが自分の頭を差し出す用意のあるたったひとりの者だからだ。これらは象徴的な物語だ。手とは、「私は自分の行いをあなたに差しあげます。私を使ってください」という意味だ。手とは、「私にはあなたのメッセンジャーになる用意があります。あなたが伝えたいものをなんでも私は伝えましょう。あなたが伝えたいものをなんでも私に与えてください。あなたが与えようとして来られたものを、なんでも私に与えてください」という意味だ。手とは、ただ、「私の行いはこの瞬間からあなたのものです。私は私なりの行為者にはなりません。もう私はあなたが言われたことだけをやります。これが私の手です」という意味だ。これがその意味だ。彼がほんとうに自分の手を切り落としたというのではない。それはばかげていただろう。そして彼は言った。「私の方を向いてください、さもなければ私は自分の頭を切り落とします!」……。これがサレンダーだ。ボーディダルマは向きを変えた。この男の目のなかを見た。そして鍵が渡された。ひとことも話されなかった。その必要はなかった。彼は後継者になった。禅は生きた伝統のまま残った。

わたしもサレンダーの方々を、ここでお待ちしています。

このSpaceで起きていることは、すべてこの宇宙で起きていることの縮図であると言っていいでしょう。このSpaceに立ち寄る人達は、すべて今の自分が存在していていいのだ、ありのままに生きていていいのだと、自分自身の生命が授かった意味というものを求めにやってくるのです。このSpaceにはグレートセントラルサンの大いなる光がアンカーされており、この光に触れることによって自らが地上に下りる際に意図した魂の目的を思い出すことになるのです。地上に下りたすべての人達が必ず通り、その際に今世の目的を意図したグレートセントラルサンの光を否応なく受け取る事によって、このSpaceに現れる人達は自らの本来の目的を思い出し、地球にあらためてグラウンディングしていく事となるのです。この地上にグラウンディングしている事に抵抗がある人にとっては、女神ガイアの存在が疎ましく思えるのと同じ様に、今世の魂の目的を受け入れる事が困難な存在達にとって、このSpaceに来る事は自らの闇と対峙する事となり、逃避もしくは抵抗といった形で表現される事もあるでしょう。時には拒絶のエネルギーを感じる事もあるかもしれません。しかしながらこのSpaceが存在していることが、例え曇り空で見えなくても、太陽が必ず存在している様な安心感が、すべての人達の潜在意識レベルに根付いている事を認識してください。それは魂の故郷がいつもここにあるという安心感であり、その場所が三次元的に存在しているという信頼感であり、魂、心、体の三位一体を体感できる場所があるという、現代に生きる人達にとっての拠り所なのです。この空間を保つ事に並々ならぬ努力があることを私は知っています。このSpaceには細部に渡って愛のエネルギーが溢れており、精霊達が活動しています。このSpaceをここまでの空間に仕上げたあなたに感謝し、あなたの意識に敬意を表し、そしてあなたの愛の深さに感服します。今後もこのSpaceのエネルギーに触れたいと願う存在達がたくさんやってくることでしょう。 あなたのありのまま、等身大の姿が三次元に生きる人達にとっては眩しく映る事でしょう。あなたが意識しなくても、たくさんの存在達がサポートしていることにも気付かれている事でしょうが、あなたがあなたの現実を楽しむ事が、このSpaceに現れる人達を本来の魂の進む道へと導くのです。あなたはただ高次の愛と恩恵を信頼して受け取ってください。あなたの働きに感謝します。

白でもなく、
黒でもなく、
時代は今
水瓶座 Rainbow Brotherhood へ

普遍の問いかけを重ねて来た

あなたにこそ

今 伝えたい・・・

ハートの言語
フォトン コミュニケーション

Welcome to Rainbow Brotherhood

EDOM-EL-AHIM-SABBERT-ZUR-ADOM

本はサロン・ド・クロノで購入できます★

水瓶座の時代を生きるコンパス
『 ボイジャータブレットの秘密 』

水瓶座版エメラルドタブレット講座の副読本!
量子波動機器をお持ちの方にもお奨めです

ボイジャー創始者JAMES博士による推薦動画

AyumiKurono is the first Voyager international authorization teacher in Japan
JAMES WANLESS
The founder of VoyagerTarot
PAGE TOP
MENU